打敷について

概要

  • 打敷(うちしき)は元々は、お釈迦様が座る高座の上に敷かれていたもの、あるいは説法をするときあまりにも粗末なものを着ていたため、弟子たちがお釈迦様の周りに花を敷き詰めたことが、後に卓(上卓・前卓)の上に飾り布を敷くようになった起源のようです。(ご参考)
  • 特別な時に使う飾り物ですね。したがって一年中仏壇の中に掛けっぱなしでなく、お盆、正月、彼岸、法要などの時に使うのが正しい使い方です。
  • 冬用(金綴れ)と夏用(金紗色入)があります(金綴れや金紗色入の他にもさまざまな種類があります)
     ・冬用は、9月中旬~翌年5月の間に使用
     ・夏用は、6月~9月上旬(彼岸の入り前)の間に使用
  • 三角と四角があり、三角は、主に浄土真宗(お東、お西など)で用いられ、四角は浄土真宗以外(浄土宗、曹洞宗、真言宗、日蓮宗他)で用いられことが多いようですが、地域によっても違いがあるようです。
  • 打敷は、洗濯が効きません。掛けっぱなしで汚れていたり、
    よれよれになっていたら交換しましょう。
  • 打敷もピンからキリまであり、2~3千円から手刺繍の正絹製、西陣織など数万~百万円クラスまであります。しかしいくら高いものを使っていても年中掛けっぱなしで汚れていたら本末転倒です。打ち敷きは、いつもキレイを心がけましょう。

打敷きの掛け方はこちら

打敷きの寸法

三角打敷

三角打敷きの寸法

A~B=W(巾), C~D=H, E~F=H' とします。

30代:W(約27cm)×H(約6㎝)×H'(約14㎝)
40代:W(約38cm)×H(約6.5㎝)×H'(約19㎝)
50代:W(約43cm)×H(約7㎝)×H'(約21㎝)
70代:W(約48.5cm)×H(約7.5㎝)×H'(約24㎝)
100代:W(約62cm)×H(約7.5㎝)×H'(約31㎝)

打敷きの掛け方はこちら

四角打敷

四角打敷きの寸法

A~B=W(巾), C~D=H, E~F=H' とします。

30代(巾8寸):W(約24cm)×H(約6㎝)×H'(約15㎝)
40代(巾9寸):W(約27.5cm)×H(約6.5㎝)×H'(約18㎝)
50代(巾1尺):W(約32cm)×H(約7㎝)×H'(約20.5㎝)
70代(巾1尺2寸):W(約36cm)×H(約7.5㎝)×H'(約25.5㎝)




a:3116 t:8 y:12